プロフィール Profile

小畑裕司 Obata Yuji

<プロフィール>

1961年 有田町にて生まれる
1984年 青山学院大学 法学部卒業
1987年 佐賀県立有田窯業大学校製造学科卒業
現在 二代目仁窯 窯主として作陶活動を行う

 

仁窯の二代目窯主として、作陶活動を行うアーティスト。柿右衛門を系譜に持ちながらも、特定の師につくことはせずに独自の道を切り開いてきた。通常の有田焼の窯とは異なり、ろくろから絵付けまでの工程を全て自分で行っている。

 

小畑の創り出す色は特徴的で、特に絵具「正円子」を使いこなして描き出すピンク色は"Obata Pink"とも呼ばれ、生き生きとして壮麗、これほどの高いレベルでこの色を使いこなせるのは小畑しかいない。小畑のモチーフである桜は、花びら一つ一つまできわめて微細なタッチで描かれている一方、全体として大胆な構図が描き出されているもの大きな特徴である。満開に咲き誇る様、はかなく散りゆく様は、繊細かつ妖艶、そしてその大胆さに驚く。

 

有田焼は400年の歴史と伝統を持つ。小畑裕司が、伝統の技術を駆使しながらも、独自に創り出す新たな世界は、未来の有田焼の可能性を予感させる。

 

・天皇皇后両陛下にも献上した経験を持つ
・日本工芸会正会員
・有田陶芸協会会員
・佐賀美術協会会友


主な入選・入賞歴

日本伝統工芸展、日本陶芸展、一水会展

個展歴

松屋銀座本店、横浜高島屋、玉川高島屋、池袋東武百貨店、梅田阪急百貨店
など、主要百貨店において個展を開催

 

2016~2019年ザ・美術骨董ショー(THE JAPANTIQUE SHOW)に出品

2017年  2月 ニューヨークにて、海外初の個展を開催

2018年11月 第2回ニューヨーク個展を開催

2019年  6月 ハンガリー・ブダペストにて、「今様」イベントに参加、及び個展を開催

2019年11月 第3回ニューヨーク個展を開催予定


 Profile: Obata Yuji, a porcelain artist in Arita

 

Obata Yuji was born in 1961 in Arita, Saga prefecture, Japan. He graduated from Aoyama Gakuin University in 1984, and Saga Prefectural Arita College of Ceramics in 1987.  He is a regular member of Japan Crafts Committee and a Member of Arita Ceramic Association. Obata has won prizes at Japan Traditional Arts and Crafts Exhibition, Japan Ceramic Art Exhibition, and Issuikai Exhibition. He exhibited at The Japantique in Tokyo from 2016 to 2018. He also held his first overseas exhibition in New York in February 2017, followed by the second exhibition in New York in November 2018.

 

Cherry blossoms are his main motif that Obata draws upon his decorative work. Each petal of his blossoms is drawn with the finest touch. On his pots, the blossoms bloom in full glory, delicate and magical. Not only is the design unique, but his colors are distinctive as well, particularly the pink he creates out of a material called Shoenshi”, or, “Obata Pink” This color is lively and beautiful, and is a color that hardly any other artists can successfully master when working at such a refined level of porcelain ware. Obata’s work balances bold and graceful beauty, intense color and pure white, and is not to be forgotten.  

 

Arita-yaki porcelain has over 400 years of history and tradition yet expresses a fresh originality that signals a future for the ancient art.   

 

Obata’s self-taught along each steps of his creative process, from turning the potter’s wheel and kiln firing to decorating the surfaces of his pieces with delicate drawings. Obata departs from common practice in the Arita-yaki industry to carve out a special place for himself in this traditional porcelain art.